自己破産手続きで持っているローンに対し保証人となる人物がいるときには、きちんと話をしておくべきです。再度、改めてお勧めしますが、保証人となる人物が存在するときは破産の前段階に前もって検討する必要があります。もし破産して免除されると、補償する立場の人があなたが借りた返済義務をすべて背負う必要が生じるからです。だから、破産宣告の前に保証人である人に、その内容とか今の状態を説明し謝罪をしておかなければなりません。あなたの保証人の立場に立つと当然のことです。みなさんが破産することにより、自動的に債務がふりかかってくることになるのです。それで、そのあとの保証人となる人の選ぶ手段は次に示す4つです。一つの方法は、保証人が「すべてを弁済する」という手段です。あなたの保証人がすぐにでも負債を問題なく返すことができるぐらいの貯金を所有していれば、この手段を取ることが可能になります。ただむしろあなたは破産せずその保証人にお金を貸してもらって、自身はあなたの保証人に毎月返すという方法も取れるのではないでしょうか。もし保証人が借金をした人と良い関係にあるならいくらかは完済までの時間を繰り延べてもらうこともできるかもしれません。ひとまとめにして返すことができない場合でも金融業者も分割払いに応じてくれるかもしれません。保証人に破産手続き行われるとお金がまったく手に入らないリスクがあるからです。保証人がもしあなたの返済額を代わって支払う財産がない場合は、あなたとまた同じように何らかの方法での債務の整理を選択しなけばなりません。2つめは「任意整理をする」処理です。この方法を取る場合債権者側と話し合いを持つことで5年ほどの期間で返済していく方法になります。お願いするにあたってのかかる経費は債務1件ごとに4万。もし7社から契約があるとしたら28万円かかることになります。当然貸金業者との話し合いは自分でやってしまうことも不可能ではないかもしれませんが、知識がない素人だと債権者側が確実に有利な内容を用意してくるので、注意が必要です。任意整理になるという場合も保証人となる人に借り入れを代わりに払ってもらうことを意味するのですから借りた本人はたとえ少しずつでもその人に返済していくべきです。続いて3つめはその保証人も借金した人と同様に「破産する」ことです。保証人である人も債権者と同じく破産すれば、保証人となる人の負債もチャラになります。ただ、保証人がマンション等を登記している場合はそういった財産を失ってしまいますし、法令で資格制限のある業務に従事しているならば影響が出てしまいます。そういった場合は、個人再生による手続きを活用できます。4つめですが「個人再生制度を使う」こともできます。住宅等の不動産を手元に残しつつ債務の整理をしたい場合や自己破産手続きでは制限がかかる職務に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生です。この方法なら、不動産は残りますし自己破産のような、資格にかかる制限がかかりません。