FX(外国為替証拠金取引)の投資の的は各国それぞれの通貨でしょう。流通貨幣について学んでみたいと予定しています。・公式貨幣には「基軸通貨」という呼び方でよばれている公式通貨が存在します。基軸通貨とは、国ごとの間の決済において金融の取引に関して主として使用される公式貨幣のことを言い、現状では$(米ドル)を意味します。昔日はスターリング・ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なりました。・FXを利用して取引きされている公式貨幣の種類については、他で言うところの外貨投資に比較してすごく多数というのが特殊性というのがあります。FX専門業者により、公式貨幣の種類については、違っていますが、通常では約20種類ある様子です。その中でも流動性が高い貨幣をメジャー通貨と言います。動きが高い数値とは、やり取りが活発に行われておるという事をしめしていて、通貨のビジネスが簡便なことであります。主流の流通通貨には言いました基軸通貨の$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本の円、ユーロの3つの貨幣がありまして、世界の3大通貨呼ばれております。スイスのフラン、カナダのドルなどが準メジャー通貨と称されています。これら貨幣以外の流動する性質が低い通貨に関してはマイナー通貨と呼ばれて、やや経済に関するパワーが乏しい国の通貨で南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、トルコリラなどが主とされている通貨に関しては売買しておる数が膨大ですというのもあって、値の乱調が安定していて情報の数も多くいきかっているのだそうです。マイナー通貨に関しては金利の面で高値な場合が多いから、値の乱調が激しいとの事らしいです。値の激動が大きいという事について絶大な利益を獲得する好機が存在しますがチャンスがある分危うさも大きく、おぼつかないです。また変動が弱い流通通貨ですので終了決定したいと思っている時に限って決済する事が出来ない可能性があるとの事です。どの通貨を選び出すのかというのは、それぞれの公式通貨の性状をじっくりと調査してから実践する事は大切であるのではないかと感じます。